COLLECTION vol.41 カタログ|日本フクラ
132/136

130綿/COTTON麻/LINEN羊毛/WOOLレーヨン/RAYONポリエステル/POLYESTERアクリル/ACRYLIC※フクラのファブリックコレクションは、ヨーロッパ基準に加えてフクラ独自の基準をクリアしたものですが、お客様が着用されている衣類との関係によっては、ピリングが発生する場合もあります(衣類から落ちた繊維が絡まって ピリングを引き起こします)。また、天然繊維の風合いを生かしたファブリックは、入荷時期によって、若干色味の違いが生じる場合もあります。あらかじめご了承いただきますよう、お願いいたします。日頃から清潔に保ち、大事にお使いいただくことが、家具を長持ちさせる秘訣です。フクラの家具を長くご愛用いただけますよう、とくに以下のことにご注意いただけますようにお願いいたします。日々のお手入れとして、軽くブラッシングをしてホコリを落とすとともに、適度に掃除機をかけるようにしてください。汚れがついた場合には、なるべく早く中性洗剤を溶かしたぬるま湯に浸した白布で、汚れ部分を広げないように つまんで落としてください。その後、洗剤が残らないように、かたく絞った白布でよく拭き取り、乾拭きしてください。カバーリングの場合は、早めに洗濯表示に応じたクリーニングをおすすめします。革素材の製品をご購入いただいた際には、専用のレザーケアキットを差し上げています。そちらのクリーナーを 使うことで、油分を含んだ落ちにくい汚れも、簡単に落とすことができます。汚れを落とした後は、栄養分、脂肪分、モイスチャー成分が含まれたクリームをつけることで、しなやかさと美しさを保つことができます。年に2〜4回(最低2回)は、メンテナンスされることをおすすめします。定期的にメンテナンスをしないと、 ひび割れなどを起こし、劣化が早まる原因となりますのでご注意ください。直射日光のあたる場所、エアコンやヒーターが直接あたる場所に置くと、劣化の原因になりますので避けてください。フクラの素材についてフクラのソファやベッドに使われているファブリックコレクションは、各アイテムに合わせて国内外からセレクトし、独自に企画したものです。快適な住まいには、上質なファブリックを欠かすことができません。天然素材から合成繊維まで、素材や糸の個性、織りの違いなどから生み出される表情は、まさに多彩です。それぞれの特徴をご理解いただき、さまざまなコーディネートをお楽しみください。防汚(防水)加工布地について織り上がった布地にフッ素樹脂加工を施すことで、液体がついても水滴状になり、布地にしみ込みにくくなっています。この加工によって、汚れを防ぎやすくなり、張り地をきれいに保つことができます。ただし、この効果はクリーニングや長時間の使用で弱まるのでご注意ください。※防汚(防水)加工は、すべての布地に施しているわけではありません通気性や吸水性に優れ、伸びにくく丈夫。肌ざわりがよいため、衣服に使われることが多く、四季を通して日本人に親しまれている素材です。天然繊維のなかでもとくに強靭で、使い込むことによって味わいも増します。吸湿性に優れ、肌ざわりがよく、上品な光沢も魅力です。保湿効果が高く、伸縮性に優れ、弾力性を備えています。水をはじきやすいため汚れがつきにくく、シワになりにくいという特徴もあります。パルプなどのセルロースを溶かし、紡糸してつくられた再生繊維。絹にも似た美しい光沢、なめらかな肌ざわりで、吸湿性や放湿性に優れています。石油を原料につくられる合成繊維。摩耗に強く、高い耐久性、耐熱性が特徴です。シワになりにくく、水洗いできるため、ソファの張り地に適しています。合成繊維のなかでもとくに羊毛に似た、やわらかく、温かみのある肌ざわりが特徴。優れた染色堅牢性を備え、色落ちなどもしにくい素材です。MAINTENANCETEXTILE

元のページ  ../index.html#132

このブックを見る